08小隊 1/100 1st BB戦士 F91 Gレコ MSD MSV UC V Vガンダム νガンダム アイン・ダルトン アッグ アーリーウイング ウイングガンダムEW ウェザリング ウォッシング オリジナル オリジナル機体 オルフェンズ カットシー ガンタンク ガンダム ガンダムF91 ガンダムバルバトス ガンダムワールド2016 ガンプラ クランク二尉 クルージングモード クロノクル・アシャー グフ グレイズ グレイズアイン ゲルググキャノン コロニーの落ちた地で コンティオ ゴッグ ザクⅡ ザンスカール シェルフ・シェフィールド シャノアールネオ シュルツェン シュヴァルベグレイズ ショックガンダム シルエットフォーミュラ91 ジオン水泳部 ジム ジムスナイパー スプリッタ―迷彩 スポンジチッピング ズゴック ズゴックE ダハック ダメージ加工 ダークタイガー隊 デカール デッサタイプ デナン・ゾン トムリアット ドライブラシ ネオジオン パステルシャドウ パーツ破損 ビギナ・ゼラ ビッグクローなのかショットクローなのかどちらだ? ビルドダイバーズ ビームローター プロトグフ ベスパ ホワイトディンゴ マックナイフ マンロディ ミキシング メッサーラ ユニコーン リグシャッコ― ヴェスバー 仙台 全塗装 原点 合わせ目消し 君の罪を加速させるMS 塩浮き 変形 夢メッセみやぎ 換装 改造 旧キット 旧ザク 汚し 汚し塗装 無塗装 現地改修型 白い悪魔 筆塗り 簡単 簡単フィニッシュ 素組み 迷彩塗装 部分塗装 鉄血のオルフェンズ 食玩

旧キット デナン・ゾン①

2018/05/15 01:10
再販来た! 大好きなやつですよこいつは! デナン・ゾン F91を初めてみたのはいつだったか… 遠い記憶ですが、衝撃を受けたことだけは覚えています。 逆襲のシャアからさらに時間がたち、アナハイムではなくサナリィがMS製造の覇権を握っていた時代ですね。 νやサザビーの時には20mを超えるまで巨大化したMSは次第に小型化していき、機動性が高められていきました。 そのような背景で生まれたMSですから、当然デッサ系も小型化していきます。 高感..

続きを読む

HG プロトタイプグフ戦術実証機③

2018/04/16 23:12
完成報告! プロトタイプグフ! いや、予想を超えてかっこいい! 前回投稿した記事のグフを覚えておいででしょうか? かなりテカテカしていましたね? それがこの仕上がりになりました。 かっこいい…。 ? 前回貼ったシールですか? お気づきの通り、剥がしました。 段差がひどく目立つのがA型的に我慢できなくて、つい…。 せざるを得なかったのですよ、せざるを(シオ・フェアチャイルド)。 でも小さいものや目立..

続きを読む

HG プロトタイプグフ 戦術実証機➁

2018/04/09 23:19
牛歩ですが、進捗です。 今回は全部のパーツの塗装が終わったのでひとまず組み立ててみました。 全体のカラーと雰囲気を確認します。 光沢ありのブルーなのでかなりテカテカしてますが、これから汚しをかけるし、トップコート吹くから落ち着くでしょう。ここまでは想定内です。 そしてこのキット、MSVシリーズよろしく、デカールの数が半端ない。 シール貼りが苦手な自分としてはあまりやりたくない作業でしたが、頑張って全部貼りました。 でも微妙にずれたり、曲..

続きを読む

HG グフ・アナザーカスタム➁

2017/12/09 00:53
完成! グフ・アナザーカスタム! 前 後ろ 08に登場するグフカスタムではない、もう1つのカスタムです。 もともとグフカスタム自体もグフの後継機という立ち位置ではなく、グフの汎用性の低さを改善しようとして出来上がったものなので、今回自分が作ったカスタムも可能性の1つだということです。 というわけでやはり一番気になるマニピュレータをフィンガーバルカンから通常のものに代えましたが、なかなかおさまりが良いです。 これに伴..

続きを読む

HG グフ・アナザーカスタム➀

2017/12/05 02:37
今回は実家で眠るガンプラを使ったオリジナル改造機です。 その名も、グフ・アナザーカスタム! もともと余剰パーツなどもあってその処理もしたいと考えており、そのためには何か改造機を構想しなくてはなるまいと思っていたところ、「実家にグフあるじゃん」ということで送ってもらいました。 コンセプトは、そこまでカスタムしてないけど、でもグフの時には不便だったろうものを改修しようというものです。 まずそこで一番初めに気になったのはフィンガーバルカン。 あれどう考..

続きを読む

HG ズゴック②

2017/10/16 14:47
完成いたしました。 ズゴックお披露目です。 正面 後ろ トップコート掛けてウォッシングすると色も落ち着いてなかなかな仕上がりになりました。 毎回ですが、完成して遠目からみればそこそこいい出来です。 近くだと汚し方が不自然なのがばれちゃうんですよね…。 そして!ここからが本題。 いつも同じような汚しのやり方だと腕が上がらないので、今回は「塩浮き」なる技法に挑戦しました! 潜水艦などの海で運用するものは、乾燥した塩が表..

続きを読む

もっと見る